ストーンバリアフライパンは実演販売士のレジェンド松下さんがおすすめしているフライパン。

月曜から夜更かしなどテレビショッピング以外のバラエティ番組でも紹介され、注目を集めていますね。

そんなストーンバリアフライパンの口コミや気になる耐久性の高さなどを確認してみましょう。




ストーンバリアフライパンの口コミ!

ストーンバリアフライパンの口コミをみてみると「本当にくっつかない!」と料理をするときのあのこびりつく悩みを解決してくれている印象がありました。

中には感動のあまり、よくテレビ通販でやっている薄焼き卵をフッと息で飛ばすのを実演された方もいましたよ。

 

お手入れも簡単で、焦げたりしたら水につけて洗うのがいいみたいですね。

洗い終わったら水気をすぐにふき取ったほうがいいようです。

いままで購入したフライパンの中で一番良かったという方が何人もいました。

 

ストーンバリアフライパンをあまり評価されていない方の中には少し重いという方もいましたね。

個人差はあると思いますが、家族が多くておかずをたくさん作るご家庭はその分、具材も多くなって重くなってしまいますからね。その点は注意した方が良さそうです。

 

ちなみに、普通のフライパンと比べるとお高めの価格となっていますが、高いとは感じつつも使ってみたら満足という方が多いので、価格の高さはそんなに気にならず、その価値があると判断されている方が多いですよ。

 

ストーンバリアフライパンは5段階中で4.40前後を獲得していますし、たくさんの方が評価しているようですね。

>>ストーンバリアフライパンの口コミ一覧はコチラ

ストーンバリアフライパンの耐久性の高さはどう?

ストーンバリアフライパンのポイントの一つが耐久性の高さですが、金属ヘラで耐摩耗試験を100万回クリアしていることで非常に評価されています。

けれども、この数値がどの程度のものなのかよくわかりませんよね。

 

そこで、口コミを探してみると、「3ヶ月経っても変化がありませんでした」というものを見つけました。

普通のフライパンだと毎日使えば1ヶ月くらいすれば焦げ付きが取れなかったりしますが、それが3ヶ月たった時点でも購入時のままというのならそれは優れていると判断できますね。

耐久性の高さはそのままフライパンの性能の高さと言えるでしょう。

 

ちなみに、この圧倒的な耐久性を可能にしているのが商品名の由来となっているストーンバリアコートです。

特殊な高密度の基材が内側6層+外側4層でコーティングされていることで、医師のように固いフライパンが実現できたということですね。

料理中も、スポンジで洗う時も気にせずゴシゴシできますし、長持ちするのでコスパも良好といっていいでしょう。




耐久性ナンバーワンのフライパンはコレ!

ストーンバリアフライパンは耐久性が高いというのが特徴となっていますが、人気のフライパンの特徴は耐久性が高いことが共通点として挙げられます。

耐久性が高いフライパンに必要なことは焦げ付きにくいフライパンであることが大事になりますよ。

 

焦げ付きにくいフライパンとしてはフレーバーストーンが一番人気となっていて、雑誌「LDK」では数あるフライパンの中でランキング1位を獲得したこともある実力はナンバーワンです。

一般的なフライパンと比較してやや重たいというデメリットもあるのですが、中華鍋のように振り回すことはありませんから、フライパンの重たさは正直あまり気になりません。

 

せっかく耐久性のあるフライパンを買うのであれば、ナンバーワンのフライパンを使ってみるのはいいかがでしょうか。

フレーバーストーン」に関しては別記事にまとめてありますので参考にしてみてくださいね。

 

ストーンバリアフライパンのおすすめ販売店はどこ?

ストーンバリアフライパンは通販での購入となるのですが、どの販売店で購入するのがおすすめなのでしょうか。

調べてみたところ、サイズによって価格の違いはあるものの、どこの販売店でも価格に違いはありませんでした。

 

参考までに26cmサイズのものは価格が税込5,940円となっていますよ。

サイズは20cm、26cm、28cm(深型)の3種類ありますので、自分の用途にあったものを選びましょうね。

 

購入後のサイズ変更や返品は不可となっていますので、何の目的で購入するのかを明確にしてから注文することをおすすめしますよ。