楽ばるの意味ってなに?調べたら市川海老蔵も使っていた!

公開日:  最終更新日:2016/07/03

楽ばるの意味とは?

私の友人が「楽ばる(たのばる)」という言葉をよく使っています。

最初はどういう意味なのか分からなかったのですが、いつも会う時にこの言葉を使っているので、なんだか癖になってきました。
どんな意味で使っていたのかを紹介してみますね。




楽ばるの意味ってなに?

友人が使っていた「楽ばる」の意味とはどういうことかというと文字の組み合わせから分かる方もいるかもしれませんが、「楽しく頑張る」という言葉をつなげた造語のようです。

 

この「楽ばる」とい言葉は文字にするとすぐに意味が分かるかもしれませんが、ご飯を食べていていきなり「たのばるしかないな~」と言われたら、「?」となりますよね。

日記とかブログで書くならまだよかったのですが、口頭で言われるとなかなか受け入れがたいものです。

 

ですが、不思議なことに何度も言われると慣れてくるもので、私の中では楽ばるという言葉は当たり前のようなものになっています。

慣れってすごいですね。

 

同時に続けること、何度も繰り返すってことって大事なんだなとも思いました。

この「楽ばる」という言葉も使い続けたからこそ、私はこの言葉を聞くたびに『あっ、楽しく頑張るね』と理解することができた訳ですからね。

 

これがもし、最初に使っただけでやめてしまったら受け入れられることはなく、意味を理解することもなかったでしょう。

 

ですが、彼は使い続けたことで意味を浸透させたわけですから、粘り強さがすごいなと思いました。



楽ばるは市川海老蔵も使っていた!

楽ばるという言葉について、意味を知った私は友人の粘り強さに感心していたのですが、何気なくネットで調べてみたら、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが自身のブログでこの「楽ばる」という言葉を使っていました。

 

この時、私はふと仮説が生まれました。
たぶん、友人はこのブログを読んでいたのですね。

 

ちなみに、海老蔵さんが「楽ばる」をどういう意味で使っているのか、そもそも「たのばる」ではなく「らくばる」なのかもしれないだとか、分からないこともあります。

 

ですが、海老蔵さんはこの言葉を2013年くらいから使っていましたし、友人が使いだしたのはこの1年くらい前だったと思うので、明らかに怪しいですね。笑

 

この事実を知ってからまだ友人に会っていないので、真相はまだわかりませんが、不信感が生まれましたね。。。笑

まぁ、何はともあれ「楽ばる」は私の中で浸透しているので、それでいいのですけどね。

 

まとめ

言葉は使い続けることでその意味が浸透して、相手に理解してもらえるものだということを身を持って感じることができました。

もし、想いを知って欲しかったり、浸透させたい時は続けるということはすごく大事なことなのかもしれませんね。
又吉直樹の小説火花が中高生の読書感想文に選ばれる2つの理由




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

PAGE TOP ↑