PS4中古の本体価格相場は?最安値と購入時の注意点を確認しよう!

公開日:  最終更新日:2017/10/20

PS4の映像はとにかく綺麗で、一度プレーしたらPS3の画質には戻れないと言われていますよね。

そんなPS4ですが、本体価格はまだまだ高いので中古で手に入れたいと考えている方も多いかもしれません。

そこで、価格相場や最安値ならいくらくらいで買えるのか、購入するときの注意点について確認しておきましょう。

PS4中古の本体価格相場は?

PS4の新品本体価格ですが、容量によって価格が違っています。
500GBのメーカー希望小売価格は税別29,980円、1TBだと税別34,980円となっていますよ。

普通に遊ぶ程度であれば500GBでも十分な容量となっているので、税込32,400円くらいの予算があれば新品のPS4を手に入れることができます。

 

ただ、少しでも安く手に入れたいと思いますので、中古の価格相場を調べてみました。

 

楽天やAmazon、ゲオなどの販売店を調べてみたのですが、だいたい税込25,000~26,000円くらいが相場になっているかなと思います。

PS4本体の販売価格は新品であってもメーカー希望小売価格よりも高い価格で販売しているところもありますので、中古だと安く感じますね。

 

PS4の中古最安値価格はいくら?

PS4本体の中古価格相場を調べてみましたが、だいたい新品よりも5,000円程度安いというのが相場なのかなと思います。

調べた中での最安値価格は24,624円というものを見つけましたが、送料が別でかかってしまうので結局は相場通りの価格になってしまうのかなと思いますよ。

 

私が調べたのは販売店の中古価格なので、オークションなどで販売しているものはもっと安く手に入れることができるかもしれません。

一万円代で販売していることもあるようですので、とにかく安く手に入れたいと思っている方は自己責任となりますが、オークションを利用して手に入れる手段も考えていいかもしれませんね。
 

PS4を安く手に入れるなら中古はおすすめできますが、その分注意しなければならないこともあります。

その点を理解した上で中古のPS4を買うかどうか決めるようにしましょう。




PS4を中古で買うときの注意点とは?

PS4を中古で買うときの注意点をいくつか挙げておきますね。

まず知っておきたいのは保証が効かないという点です。

 

精密機器ですので、故障してしまう可能性も十分考えられます。
なので、万が一のために保証があると安心できますよね。

その保証を中古の場合は受けることができないので、修理するとなるとそれなりの価格がかかってしまいます。

 

また、中古の場合だと動作環境が悪い場合もあります。

お店で販売しているものであればチェックはしていると思いますが、オークションなどで販売しているものは動作確認できていない場合もありますし、そもそもジャンク品で出品していることもありますので、文章をよく読む必要がありますよ。

 

オークションの場合はそもそも商品を発送してくれないという被害にあう可能性も否定できないので、出品者の評価は必ず確認しておきましょう。

PS4を安く手に入れようと思えばそれは可能ですが、いろんなリスクを考えると5,000円程度であれば新品を手に入れた方がいいと私は思います。

Amazonで販売されているPS4の新品本体価格は税込30,829円でメーカー希望小売価格よりも安くなっていましたし、送料無料となっているので、お買い得だと思いますよ。

 

ソフトは本体と比べて安いので、中古で手に入れるのはいいと思いますが、本体はずっと使うものですし、故障してしまうと全てのゲームなどが使用できなくなってしまいますので、新品をおすすめします。

PS4の本体を手に入れたいのならリスクは避けた方がいいでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑