野宮真貴「赤い口紅があればいい」を読んだ感想は?

公開日:  最終更新日:2017/05/11

野宮真貴「赤い口紅があればいい」

元ピチカートファイヴの3代目ヴォーカルで今でも熱狂的なファンが多い野宮真貴さんの最新エッセイ「赤い口紅があればいい」を出版されました。

発売からまだ間もないのですが、メディアでも取り上げられるほどの人気を獲得しています。

実際に作品を読んだ方の感想やどんな内容となっているのか気になる点をご紹介しますね。




野宮真貴「赤い口紅があればいい」を読んだ感想

野宮さんとはかっこよくておしゃれな女性ですが、どうしていつまでもステキでいられるのだろうと不思議に思っていた方も多いかもしれません。

年齢を重ねるたびにキレイになれるのはなぜなのか、その理由が「赤い口紅があればいい」を読めばわかるとの声があります。

 

時代ごとにアップデートされていく柔軟さと変わらないことや「美人になるのは自由になるため」など考え方について記されているのは昔からファンである人にとっては強く刻まれる言葉なのではないでしょうか。

 

また、「赤い口紅があればいい」が評価されている点は役に立つ具体的なアドバイスもしっかりと書かれている点です。

例えば、SNS用写真のきれいな取られ方やヘアメイクのテクニック、歳を取ると似合わなくなってしまう服など野宮さんのことを知らなかった人でも大切な一冊になるのではないかという声も多く見受けられますね。

間宮さんがアーティストとして活躍していたことを知らないであろう20代の女性からも「素敵な大人になるためのエッセンスがぎゅっと詰まっている」と評価していることからも満足度の高さが伺えます。

 

発売されてまだ間もないので記事執筆時点ではAmazonのレビュー件数は10件となっているのですが、10件のうち9名が5段階中の5の評価をしていますよ。

エッセイですので文章が優しく、野宮さんらしいユーモラスな部分が垣間見えるので、普段本を読まない人でも読みやすい作品と言えるのではないでしょうか。

>>野宮真貴「赤い口紅があればいい」のレビュー一覧はコチラ

 

「赤い口紅があればいい」の内容

「赤い口紅があればいい」の内容は簡単に言えば大人の女性を簡単に美人にしてくれるための美の秘訣を伝授してくれるというものでしょうか。

『器量に自信がなかった自分が今は「美人」と言われている理由』や『40歳を過ぎるとリアル美人と雰囲気美人が逆転する』など自身の経験から見つけ出した一つの答えを提示してくれています。

 

このエッセイ本から一つポイントをあげるとするのなら、「要するに美人に見えればいい」というところでしょうか。

 

テレビや雑誌に出ている女優やモデルのような美人にはなれないかもしれませんが、テクニックを使えば美人に見せることは誰でも可能であると考えられます。

 

野宮さんが実践してきた手抜きおしゃれ、やりくりおしゃれのテクニックは誰でも簡単にできるものばかりですので、「赤い口紅があればいい」を読んで実際に試してみてくださいね。

野宮真貴とコラボした口紅

「赤い口紅があればいい」の発売に関連して野宮真貴さんとコラボレーションした限定カラーの口紅があります。

 

その口紅はMiMCのミネラルルージュというもので、N1.パリスレッドとN2.トーキョーレッドは野宮さんとのコラボカラーで限定色となっていますよ。

 

ミネラルルージュは「唇を乾燥から守る」「ハリを与える」「美しいつやと発色」のすべてを1本で実現できるとされ、TBSの人気番組ゴロウ・デラックスで人気コラムニストのジェーン・スーさんが紹介したことで話題にもなっています。

 

絶妙な色合いの違いを楽しんでくださいね。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑