オレンズの口コミと壊れたときの対処法はコレ!

公開日: 

オレンズ

ぺんてるのオレンズは0.2の細い芯にも関わらず折れないと言われている超極細シャープペンです。

芯を出さずにかける独特のシステムを採用することで新しい使い方を可能にしたシャープペンとなっているので、人気が高まっていますよ。

オレンズを実際に愛用されている方の口コミを紹介しますので、ご覧になってください。



オレンズの口コミ

オレンズの口コミをみてみるとどんどん進化しているのがわかってきます。
以前はあまり評判が良くなかったのですが、その理由は持ちにくさにありました。

0.2mmと超極細のシャープペンということでグリップの部分も細かったので、持ちにくいということが課題として挙がっていました。

 

持ちにくさはそのまま書きにくさになってしまうのであまり評判が良くなかったのですが、グリップの部分にラバーがついたことによって持ちやすさが向上し、使いやすくなったという声が挙がっています。

ラバーグリップのついたいまのオレンズは完成形と言えるかもしれませんね。

 

オレンズの使用で賛否が分かれているところとしては筆圧の問題ですが、ちゃんとした文字を書く事ができますよ。

ただ、もともとギュッと握って筆圧が強い人だと相性がよくないような感じが口コミから感じるので、気になる方は周りの方の口コミをよく見たほうがいいかもしれません。

 

商品自体はいい商品だと言えると思いますよ。

>>オレンズの口コミ一覧はコチラ

 

オレンズが壊れたときは?

オレンズについて調べてみると「壊れた」という声がたまに挙がっています。

壊れたときの対処法としては基本的には芯が詰まってしまったことになると思われるので、芯のつまりを解消させて直しましょう。

 

Yahoo!知恵袋にオレンズが壊れてしまって困っているという方のQ&Aがありましたので、そちらを参考にするといいかもしれません。

>>オレンズが壊れてしまった!:Yahoo!知恵袋

 

オレンズが壊れてしまう理由の一つに正しい使い方ができていないということが考えられます。

オレンズは他のシャープペンと違い、パイプが出ていて芯が出ていない状態にして書く必要があります。

 

書き続けると芯が減るのと一緒にパイプがスライドして短くなるので、書きにくくなったらノックを1回だけしましょう。

 

一般的なシャープペンに慣れてしまうと、芯が出ていない状態が気持ち悪い感じがしまいますが、この状態が正しいというのが理解できれば何の問題もなく使用することができますので、オレンズの正しい使い方を知っておきましょうね。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑