松崎しげる出演のCMフライパン「フレーバーストーン」の魅力とは?

公開日: 

松崎しげるのCMフレーバーストーン

松崎しげるさんと言えば人類で最も黒いと人種の一人と言われていますが、(?)
そんな松崎さんが務めているフライパンのCMがクセになると早くも話題になっています。

そんなCMの感想や肝心の商品「フレーバーストーン」についての気になる魅力について調べてみましたのでご覧になってください。




松崎しげるがフライパンのCMに登場

松崎しげるさんがイメージキャラクターを務めるフライパンのCMが話題となっています。

まずは、そのCMをご覧ください。

 

 

クセがすげぇ!笑

「焼き色つけても 焦げ、つかせない」は2016年度の流行語大賞にノミネートされるかもしれませんね。

 

このCMの面白さは置いといて、油がなくても食材がくっつくかないというものはしっかりと伝わってきますね。

また、内側が赤で加工されているのは珍しいですよね。

 

普通のフライパンは黒いものが多いので、それが当たり前だと思っていましたが、背景が黒いので、黒い食材を使う時は盛り付けた後にフライパンに食材が残ってたりしますよね。おナスとか。

 

そういった問題も赤くすることで解決できるので、細かいところまでこだわったフライパンなのでしょうね。

その意味を込めての松崎さんなのでしょうか。黒い食材も見つけやすいみたいな。

…考えすぎですかね。笑

 

それにしてもいい歌ですね。さすが松崎さん。

そのパワフルの歌とバラエティ番組で魅せてくれるような気さくな雰囲気が見事にマッチングした松崎史上最高傑作のCMかもしれませんね。

 

ちなみにこの歌は「愛しのフレービー」という曲ですが、今のところ販売予定はなさそうです。
CMソングということですね。




フレーバーストーンの魅力とは?

フレーバーストーンの魅力はくっつかない、焦げ付かないということです。
これはCMからも伝わってきたと思いますが、なぜ油を使わなくてもくっつかないのでしょうか。

 

フレーバーストーンがくっつかないのは特別な6層構造となっているのですが、トップ3層はくっつきにくいコーティングがされています。

このコーティングのおかげでくっつきにくくなっているのですが、くっつきにくいということは、同時に汚れも落としやすいので、後片付けの時間も短時間で済みますよ。

 

また、火が直接当たるベース部分3層は熱伝導性がいいので、火加減は中火から弱火で十分となります。

ですので、ガス代や電気代も節約できる省エネフライパンとなっているのですよ。
熱伝導性がいいということは均等に熱を伝えることができるので、ムラもないということですから、外はこんがり中はジューシーという仕上がりを実現させることができます。

 

フレーバーストーンのストーンの魅力に関しては実際に購入された方の口コミを確認してみるのがいいですよ。

>>フレーバーストーン購入者の口コミ一覧はコチラ

 

フレーバーストーンの通販情報

フレーバーストーンはダイレクトテレショップで販売している通販商品なのですが、全世界で600万台以上の売り上げています。
通常価格は23.940円となっているのですが、公式サイトで販売されているものの価格は税込14,940円となっています。

 

フレーバーストーングランド4点セットというセット販売になっており、鍋、深底フライパン、ソテーフライパンにプラスして料理の幅が広がるレシピブックもついていますよ。

 

ちなみに、ダイレクトテレショップの販売サイトをみてみるとわかるのですが、内側が赤色ではなく青色のものも用意されているので、興味のある方は一度サイトを覗いてみてくださいね。

>>フレーバーストーンの公式販売サイトはコチラ

まとめ

松崎しげるさんがCMキャラクターを務めているフライパン「フレーバーストーン」はそのCMのインパクトはさることながら、性能も抜群でした。

買い替えてみるのもいいかもしれませんね。




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑