指先がぱっくり割れして痛い!原因を理解して薬で手足を守ろう!

公開日:  最終更新日:2016/05/26

指先のぱっくり割れ

主婦の方や一人暮らしで節約をしている方は炊事をすることが多いと思います。

これから冬になっていくにつれて水を使う仕事をしている人は指先がぱっくり割れて痛く、つらい時期になります。

けれども、原因を知って薬でしっかり対策すれば、水仕事も怖くありません!

指先がぱっくり割れした指先が痛い!

これから冬になるにつれて水を使う家事はつらい時期になってきます。

あかぎれやひび割れのように指先がぱっくり割れてる時には、野菜を洗ったり、お米を研いだりするのも一苦労です。

 

あのヒリヒリする独特の痛みは主婦や一人暮らしをして炊事をしている人のような水を使う作業をする人にとっては「今すぐ何とかしたい!」と思う悩みではないでしょうか。

 

特に、親指がぱっくり割れしているときは物をつかんだりするときに支障が出て、

「あれっ?親指を怪我すると普段の生活がこんなに不便になるの?」

と、気づかされることもあるでしょう。

 

そんな指先のぱっくり割れですが、そもそもなぜこのような状態になっているのでしょうか。

気がついたらできているぱっくり割れの原因は一体どこにあるのでしょうか。
その原因について次で書いていきます。

 

指先がぱっくり割れする原因は何?

指先がぱっくり割れする原因は皮膚の代謝の際に十分修復できない時に起こります。

 

健康な皮膚は新しい皮膚と古い皮膚の生まれ変わり、つまりは皮膚の代謝がスムーズに起きることで人間らしい柔らかい皮膚を保っています。

しかし、寒さや加齢などによって代謝が遅くなると本来はがれるはずの古い角質が厚く積み重なってしまいます。

 

この状態で乾燥してしまうと、皮膚はガチゴチに硬くなり、割れやすい状態になってしまうのです。

 

ぱっくり割れができるのはこのように乾燥が原因の一つにあるのです。

 

だから夏ではなく乾燥の激しい冬にぱっくり割れができるのです。

 

指先のぱっくり割れは薬で治そう!

指先のぱっくり割れは薬で治すようにしましょう。なぜならぱっくり割れは自然治癒が難しいからです。

 

ぱっくり割れを治すポイントはズバリ治癒スピードです。

元気な細胞が寒さや水仕事によって血行不良が起こり、栄養不足になります。

 

すると割れやすく治りにくい肌になってしまいます。

 

時間が経てば、荒れも収まってくるのですが、家事をしている人にはそんな時間はありません。

 

毎日、寒い中で水仕事をしています。
ですので、自然に治すのは難しいです。

 

だから、薬に頼るのがいいのです。

 

「じゃあどんな薬を使った方がいいの?」と悩むかもしれません。

 

そこで、おススメなのは池田模範堂のヒビケアです。

 

ステロイドが入っておらず、妊婦や生後1ヶ月以上の赤ちゃんでも使用できるくらい安心の商品ですし、ネットで気軽に購入することもできます。

 

個人的には身体の不調や怪我は小林製薬の薬を使うのですが、ぱっくり割れに関しては小林製薬はかかと専用のものしか取り扱っていなかったです。

 

そこで、いろいろ探して自分にあってそうだなと思ったのがヒビケアでした。

 

もし、指先のぱっくり割れに悩んでいるのなら一度試してみることをおすすめしますよ。

手指におすすめ!ヒビケアの詳細はコチラ>>

まとめ

指先のぱっくり割れの痛みの原因は乾燥や水仕事によって、血行不良、栄養不足が起きることです。

 

自然治癒でも治りますが、治癒のポイントとなるのは細胞の修復力を早めることです。

 

池田模範堂のヒビケアのような薬で素早く治すことをおススメします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

PAGE TOP ↑