おろしま専科の口コミと特徴!気になる価格情報を紹介!

公開日: 

アメトークの「大根ありがとう芸人」や大根おろしアートなど注目を浴び、最近では食卓には欠かせない存在になってきている大根おろし。

その大根おろしを作るのが面倒という人のために注目して欲しいのがおろしま専科です。

おろしま専科の口コミや特徴はどうなっているのか、気になる価格はいくらなのかについて紹介していきますのでご覧下さい。



おろしま専科の口コミ

おろしま専科の口コミの一部を紹介します。

【おろしま専科の口コミ】
待が大きすぎたのか、大根をおろした時は、普通と思ったのですが、生姜を下ろすと、よく切れるのがわかります。玉ねぎや人参などにも、これから重宝に使えそうです。今持っているのが小さいので、この大きさは魅力。歯の角度、デザイン等、とても使いやすく、買ってよかったと思っています。

前に持っていたセラミックのおろしがねよりも、よくすれます。小学生の息子がすっても瞬く間に大根おろしができるほどです。

おろし金で1000円を超えていると高い!と思いましたがしっかりした大きさで、角度もついていてとてもすりやすく、今まで使っていたおろしがねはもう二度とつかわないと思いました。道具でこれほど違う物なんですね。

いままでの大根おろしは水が多くなり満足してなかったけどこの大根おろしは美味しくすれてます!

おろしま専科の口コミを見てみると、大根おろし器が違えば味がこんなに違うのかという驚きを感じてる人が多かったです。

 

プラスチックと比べてすりやすいのはもちろんですが、味が違ってくるのはおろしま専科だからこそ感じられるメリットでしょう。

すれるということで手元にはより注意する必要はあると思いますが、力を入れずともすれるので躍起になる必要はありませんよ。

総合評価は5段階中4.40前後を獲得しているので、非常に優秀な商品となっています。

 

大根おろし器を持っていない、あるいは今持っているものに不満を感じている方はおろしま専科は重宝するのではないでしょうか。

>>おろしま専科の口コミ一覧はコチラ

おろしま専科の特徴

おろしま専科の特徴はおろし部分の曲面とV字に並んだ刃によっておろすスピードを大幅にアップしているところにあります。

また、軽く力を入れずにおろすときめ細かく柔らかい仕上がりになり、強く刃に深く入れるとシャキシャキ感のある食感に仕上がるので、使い方によって好みの味や食感に変えることができますよ。

 

もともとはレストラン向けの業務用商品と販売されていたのですが、マツコの知らない世界で紹介されたことをきっかけに一般用としても購入される方が増えたようです。

テレビ離れと言われていますが、テレビの力は未だに偉大ですね。

 

大根おろし専用と考えると用途は限られますが、生姜やニンニク、他の野菜もすりおろすことはもちろんできますから、意外と役に立つと思います。

 

あとは価格が気になるところですね。
業務用となると価格は高くなりがちですから、気になるお値段を最後に確認しておきましょう。

おろしま専科の価格情報

おろしま専科の価格ですが、参考価格は1,836円となっています。

大根おろし器で2,000円弱となるとやっぱり高いかなと思いますが、業務用ですので仕方がないのかなという気もしますね。

 

ただ、Amazonで販売しているものは973円と約50%OFFで販売していたので、もし購入するのならAmazonがいいですよ。

楽天でも割引価格で販売されていましたが1,580円と微妙な割引価格となっていましたから、やっぱりAmazonが最安値価格での販売となっているようです。

 

大きなデパートなどにも販売店はあると思いますが、探す手間が面倒であれば通販を利用したほうがいいでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑