ニトリ社長が歌手CDデビュー!?しかもジャケット画像にあの人!

公開日:  最終更新日:2017/03/22

大塚家具の家族騒動がテレビ放映されたことと交代で再び注目を集めるようになったニトリ。

そのニトリの社長である似鳥昭雄さんはあまり知られていないのですが、実は歌手としてCDデビューをしていたんです!

しかもCDのジャケット画像をみてみるとあの有名演歌歌手と一緒に映っていました。
どうやらデュエットのようですよ。

 

ニトリアキオとして歌手デビュー!

大型家具店として安さをウリに全国展開しているニトリ。

そのニトリの創始者で社長でもある似鳥昭雄さんは一代で大きな企業へと成長させたその経営センスに注目が浴びがちですが、意外な一面も持っていたのです。

 

それが歌手としてCDデビューしているという歴史です。

 

2013年に大物演歌歌手と一緒にデュエット曲を歌っています。

 

ちなみにその大物演歌歌手とは川中美幸さんです。
「めおと桜」というタイトルで一緒に歌っています。

 

どうやら似鳥社長は子供の頃から歌手になるのが夢だったそうですね。
還暦を超えてからも夢を叶えるところはさすが社長になるだけのバイタリティがありますね。

 

ちなみに、歌手としての似鳥社長は『似鳥昭雄』名義ではなく『ニトリアキオ』という風に名前をカタカナに変えています。

 

このことについて触れている発言がなかったのでこれは推測になりますが、多分『ニトリ』という名前を出したかったのではないかと思います。

 

ニトリという文字をみれば、多くの人が「あの家具のニトリかな?」とフックがかかりますからね。

そういった狙いがあったのではないでしょうか?

 

そういえば、こちらもあまり知られていませんがニトリの名前の由来になったのは社長の本名が『似鳥』だからです。本当に珍しい苗字ですよね。

最高順位は意外にも高かった!

CDと聞くと気になるのは順位だったりしますよね。

こういった話題性を求めたCDをみると「どうせ売れなかったんでしょ?」と思う人もおおいですが、この「めおと桜」は意外にも売れたんですよ。

 

最高順位は14位、オリコンCDランキングに登場した回数は33週と立派な数字をたたき出しています。

 

やはり演歌はじわじわと売れる傾向にありますし、息の長い音楽ですから33週もランキングに登場できたんでしょうね。

 

最後に、ランキングよりも気になる似鳥社長の歌声について触れておきましょうか。

 

YouTubeにレコード会社でもあるテイチクのショート動画がありましたので、そちらを転載させていただきます。

TVでもあまり見かけない似鳥社長を観ることができる貴重な動画になりそうですね。笑

 

そう言えば最近はCDが売れないと言われていますが、その影響は確かに大きなものになっているようですね。

 

というのも、ずっと第一線で活躍しているあのMr.ChildrenですらCDで苦戦しているわけですからね。

 

でも、そこから新しい価値がまた生まれてくるわけですから、CDが売れなくなったのが一概に悪いとはいえないかもしれません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

PAGE TOP ↑