又吉小説『火花』に出てくる吉祥寺武蔵野珈琲店の評判は?

公開日:  最終更新日:2017/03/22

 

現時点の累計で64万部の大ベストセラーとなった芸人ピースの又吉直樹さん。

芥川賞を受賞した『火花』に出てくる吉祥寺の喫茶店・武蔵野珈琲店は実在するお店ですが、その評判はどうなのでしょうか。

又吉直樹『火花』の口コミはコチラ>>

 

吉祥寺にある武蔵野珈琲店の評判や口コミは?

芥川賞を獲得したことでさらに注目を浴びることになった芸人又吉直樹の小説『火花』。

 

その火花に出てくる吉祥寺の喫茶店『武蔵野珈琲店』は実際に存在するお店です。そのお店の評判はいかがなものなのでしょうか。

 

有名な口コミサイトである『食べログ』の評価を見てみると、居心地の良さが抜群にいいという評価が多く見られます。

 

店内は静かな雰囲気でクラシックの音楽だけが流れる大人のカフェとなっています。吉祥寺にあるカフェは女性受けのいいオシャレなお店が多い印象があるので、そう考えるとこの地域にしては少し異彩を放っている部類のカフェになるかもしれません。

 

ですが、気取った感じの雰囲気がなくゆっくりと時間を過ごすには最適なお店だと思います。

 

お店の雰囲気の写真やメニューに関してはココで紹介するよりも実際に食べログを見たほうが早いと思うので、リンクを載せておきます。

武蔵野珈琲店の食べログ評価はコチラ>>

 

又吉さんは実際にこのお店で火花を執筆していたこともあるそうで、朝からずっとお店にいたこともあったようですよ。

このお店のこの空間で火花を読むと、また違った雰囲気で楽しむことができるかもしれませんね。

 

武蔵野珈琲店で起きた『火花』の名シーンをプレイバック

ところで、このお店が火花のどこのシーンで出てきたのかおわかりですか?

 

この喫茶店は徳永と神谷が雨に降られて慌てて入ったお店のシーンで出てくる喫茶店です。マスターがお店を出る時にビニール傘を差し出してくれますが、その方はお店のマスターでもある上山雅敏さんです。

 

実は又吉さんはお店のことを勝手に小説に書いていたそうなのです。そのことを謝りにマスターのところに行ったら、怒るどころか又吉さんのファンになってしまったそうです。

 

マスターは十数冊も火花を買い、自分のお店が書かれているシーンにアンダーラインを引いてお客さんにプレゼントしているそうですよ。

 

お店にとってマイナスなことは何もない』などマスターの懐の大きさも感じられるお店なのかもしれませんね。

 

神谷が雨が止んできて周りに傘を差している人がいない中でも、マスターからもらったビニール傘を差して歩く気持ちもなんだかわかる気がしますね。

 

いつか武蔵野珈琲店に行ったら、あのチーズケーキ食べたいですね。

 

人気ショップ『ル・ノール・リヴィエール』のチーズケーキはコチラ>>

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

PAGE TOP ↑