抹茶の旬はいつで人気の秘密はどこにあるの?

公開日: 

抹茶の旬はいつで人気の秘密はどこにあるの?

抹茶といえばアイスやジェラートなどでも人気で、甘さとほろ苦さがどことなく大人の味がするのでよく食べられていますが、抹茶の旬はいつかご存知ですか。

食べ物が一番美味しい季節を旬といいますが、抹茶に旬があるなんてあまり聞いたことがないかもしれませんね。

ですが、ちゃんと抹茶はこの時期が美味しいという旬があるのですよ。



抹茶の旬はいつ?

抹茶の旬は秋だとされています。
もともと、お茶は5月頃に茶摘みが行われますよね。

 

八十八夜とも言われ、歌にもなっているのでご存知のかたも多いと思いますが、立春から88日目に摘んだお茶は上等なものとされ、長生きできるなんて言われていたりもします。

例年5月1~3日くらいが収穫時期となりますが、抹茶になるためには低温保管しながら熟成させる期間が必要とされており、熟成されることで旨味成分がでてくるわけですね。

 

その期間は約5ヶ月くらいだとされているので、5月に収穫してだいたい5ヶ月くらいたった9~10月の秋頃が抹茶の旬だと言われているのですよ。

ですので、抹茶アイスなど抹茶を食べたり飲んだりするときは秋頃にすると一番おいしく感じられると思います。

 

抹茶人気の意外な秘密

抹茶をよく召し上がる人がいますが、なぜ好んで食べられているのか不思議に思う人がいるかもしれません。

単純に甘味と苦味がマッチして美味しいという方もいますが、抹茶に含まれている成分や効能を知っている人が好んで食べているということが考えられているのですね。

 

お茶には眠気を覚ます効果や利尿作用が期待されているのですが、特に抹茶には茶葉を粉にして飲むために葉っぱに含まれている栄養素をそのまま摂取することができるのですよ。

ですので、栄養価が高いと言えるのですね。

 

ここで注目して欲しいのは利尿作用があるということです。

利尿作用があるということは体の中の老廃物など不要なものを体の外に排出することができるということにもなります。

 

そうするとむくみなどを解消させることもできるので、ダイエット効果が期待されているのですよ。
そう言われてみると、抹茶が大好きという人の中に太っている人は少ないようなイメージがあります。

抹茶好きに太っている人がいないイメージなのは体の中の老廃物をきちんと排出しているからなのかもしれません。

 

根拠はありませんので、正しいとは言えないでしょうが、抹茶にはお茶よりも優れた効能が期待できるということは覚えておくといいかもしれませんね。


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑