ピース又吉が売れた理由!昔から周りの芸人と違った経済学的ノウハウの持ち主

公開日:  最終更新日:2017/03/21

 

ピース又吉が2015年大ブレイクしたのにはちゃんとした理由があります。
その理由は又吉さんが昔から持っていた経済学的ノウハウを身につけていたからです。

 

又吉さんが『芸人として売れるためにとった最初の行動』からまずは考察していきましょう。

家賃2万5000円の風呂なしアパートに住み続けた理由

又吉さんが東京で吉本興業の養成所(NSC)で下積み時代を過ごしていた頃、家賃2万5000円の風呂なしアパートに住み、必要最低限の生活ができる程度のアルバイトしかしていなかったそうです。

 

実家から仕送りが多かったわけでもなければ、貯金があったわけでもなく、お金は全くなかったそうです。

それでも又吉さんはあえてバイトをしないという選択肢を選びました。

 

その理由は『同期たちがバイトに割いている時間をお笑いのネタ作りに費やしていた』からです。

 

同世代の芸人は週に3~5日のアルバイトをして月15万円程度の収入を得て、風呂付きの普通の生活を過ごしていたそうです。

大学生のような生活をしている周りの芸人の姿をみて又吉さんは「何しに東京に来てるんだ?」と違和感を持ったそうです。

 

『お笑い芸人として売れることを目標とするなら、お笑いに費やす時間をまず確保する』

 

そのために、又吉さんは必要最低限の生活費を稼ぐことしかしなかったのです。

 

又吉さんの頭の中には、「バイトの時間を半分にできれば、本来5年かかる時間をが2年半で確保することができる。もし、その二人の才能が同じ程度なら売れる可能性が2倍早くなる」とこのように考えていたそうです。

 

このように限られた時間(資源)の投資すべき順序を考えることはビジネスでも重要な考え方であり、開発経済学という分野ではとても重要視されているものなのです。

 

又吉さんは自分の行動が経済学に関係あるものと思いながら行動していたわけではないでしょうが、本能的に経済学のノウハウを実生活に運用していたのです。

 

 

自分の夢をあきらめなかった又吉流のコミットメント

又吉さんといえばサッカーの強豪校でインターハイ出場したほどの実力の持ち主です。

 

大学や企業でサッカーをすることもできました。

 

ですが、又吉さんの中にはサッカーを続けるという選択肢はなかったそうですが、それは中学生のときに芸人になることを決めていたからです。

 

なぜ芸人になったのかというと、中学生のとき『芸人にならなかった自分』を想像したらその過程ですごいストレスを感じたからだそうです。

 

この点について詳しくは雑誌で独占インタビューで語っているので自分の目で確認してくださいね。

>>DIME (ダイム) 2015年 5月号/又吉直樹独占インタビュー

 

又吉さんの中には『自分が本当にやりたいことを納得するまでやることが大事。例え成功しなくても。』という考え方があるようです。

 

その考え方は『人が成功するために大切な考え方』でもあるんです。

 

経済学には「時間非整合」というものがあります。

 

これは時間が経つにつれてものの味方や考え方が変わってくるというものです。

 

大抵時間が経つにつれて煩わしさや諦めの気持ちが出てきて、ネガティブな考え方になっていくのですが、夢や目標を持つことで具体性が出てきて、ポジティブな行動を起こせるようになるのですよ。

 

又吉さんには芸人になるという目標があったので、叶うかかなわないかの夢であっても行動を起こせたいうのもあるのですが、それにプラスして『目標を口に出す』ということをしていました。

 

実は又吉さんは高校のサッカー部の監督に「卒業後は父親の家業を継ぐ」と嘘の理由を伝えていて、サッカーを続けない選択肢を口に出していました。

 

そうすることで、余計な選択肢を排除したのです。

 

本来なら「芸人になる!」と口に出してコミットメントする人が多いですが、又吉さんは自分の目標を口に出して言うことが嫌いだったので、あえて嘘をついていたのです。

 

こうした又吉さん流のコミットメントが実を結び、芸人として売れて、小説を書くなど現在の幅広い活躍に繋がっているのです。

 

又吉直樹から学ぶ人生の経済学

又吉さんの生き方は夢や目標を持っている人が参考にするべき生き方だと思います。
なによりまずは、『自分はなにがしたいか?』というのを明確にする必要があると思います。

 

又吉さんの考え方を真似れば、人生が成功するためのヒントを手に入れることができるかもしれません。

 

又吉さんは現在『オイコノミア』というNHKの番組で経済学について学んでいます。

この番組から人生のヒント、そして又吉さんの考え方を知ってみてはどうでしょうか。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】オイコノミア [ NHK「オイコノミア」制作班+又 ]

オイコノミア [ NHK「オイコノミア」制作班+又 ]
価格:1,620円(税込、送料込)

オイコノミアでは火花で得た印税についていじられたり、実際に家を選びに行ったり、だんだん私物化している感じも出ています。

火花の印税ってそれくらいすごかったんですかね。

【関連リンク】
又吉さんは『火花』で一体いくらの印税を手にしたのでしょうか?
ピース又吉の小説『火花』の印税ってどのくらい?計算してみた!




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

PAGE TOP ↑