東京西川ルーノ(Luno)マットレスの口コミ評価はどう?

公開日:  最終更新日:2018/09/15

東京西川ルーノ(Luno)マットレス

東京西川のルーノはチュートリアルの徳井義実さんがイメージモデルを務めているマットレス。

高反発マットレスで快適な眠りを提供してくれて、芸能人でも愛用されている方がいる人気商品となっていますね。

そんなルーノマットレスの口コミ評価はどんなことが書かれているのでしょうか。

 

ルーノマットレスの口コミはどう?

ルーノマットレスの口コミ評価をまずは見てみましょう。

 

【ルーノマットレスの口コミ】

低反発マットレスを使っていましたが高反発マットレスもなかなかのものです。

熟睡できますよ。


他社の高反発マットレストッパーを使用していましたが、暑いし匂うし、寝起きに腰は痛むし目覚めにギックリ腰にもなり対策を考えていました。

このルーノを正直期待せず、身体に合えば良いな!ぐらいで購入しました。数日使用しましたが、今のところ腰も楽!しかも以前使用していたマットレストッパーと雲泥の差ぐらい暑さがマシ!

購入して良かったです!


横になっただけでもわかる良い感じです。


耐久性だけが心配かな・・・。


このマットを敷いてから、眠りが深くなったようで、明け方目覚めることがなくなりました。

ルーノマットレスの口コミを見てみると寝心地のよさを実感されている方が多かったです。

 

今までは低反発のもので寝ていた方が腰痛対策などで高反発のものを探していて、ルーノマットレスを選んだという方もいて、高反発マットレスの良さを感じているようでしたね。

気になる点ととしては厚さがないので耐久性が心配という点でしょうか。

 

毎日横になるものですので、時間が経てば耐久性は下がってしまいますから、2~3年使ったら買い替えが必要になるかもしれませんね。

体重や手入れ次第で耐久性は変わりますので、敷きっぱなしにせず干したりするようにしましょう。

 

ルーノマットレスの口コミは他にもありますからご覧になってください。

>>ルーノマットレスの口コミ一覧はコチラ

 

ルーノマットレスのココが評価ポイント!

ルーノマットレスが市販のスプリングマットレスと比べて体圧分散に優れています。

ですので、腰や肩など一ヵ所に負担がかかることを避け、疲労感が生まれることを避けることができます。

 

また、高反発マットレスとなっているので、沈み込み過ぎず高い反発力で寝返りをサポート。

スムーズに寝返りができるので身体への負担を軽減してくれます。

 

さらに、特殊素材を使用しているのでウレタンフォームの中でも高い通気性があり、カビの生えにくいマットレスともなっています。

万年床にしなければカビ対策も問題ありませんね。

 

体圧分散、高反発、高通気性がルーノマットレスが評価されるポイントとなっています。

 




お得な販売価格をチェック!

ルーノマットレスは店舗や通販で購入することができます。

個人的には通販で購入した方がいいかなと思いますよ。

 

マットレスを店舗から持ち帰るのは大変ですし、送料無料で購入できる通販サイトもあるのでわざわざ店舗に買いに行く必要はないでしょう。

ルーノマットレスの最安値価格としては厚さ4cmで税込10,590円となっています。

 

質の高いマットレスとしては安い方だと思いますので、経済面ではかなり節約できるのではないでしょうか。

 

この価格はシングルサイズでの価格となりますのでダブルサイズなど大きくなれば価格も上がっていきます。

予算と快適さのバランスを考えて自分にあったルーノマットレスを選べるといい買い物ができるでしょう。

 

>>ルーノマットレスの購入はコチラから

 

ルーノは本当に腰痛持ちにおすすめのマットレスなのか?

東京西川の高反発マットレスのルーノはなかなか寝付けない方や朝の目覚めが良くない方におすすめされていますが、他にも腰痛持ちの方におすすめされていますよね。

ですが、本当に腰痛持ちにもおすすめできるのでしょうか。

 

これはあくまでも個人的な意見ですが、腰痛持ちにとっては高反発マットレスというのは確かにおすすめですが、もう一つ重要なポイントがあります。

それは「厚さ」です。

 

いくら高反発マットレスでも体重が重い人、特に男性はある程度の厚みがないと高反発である意味がなくなってしまうのですね。

ルーノのマットレスの厚さは4cmとなっていて、やや薄いかなという印象があります。

 

少しの差ですが、最低でも6cm、9cm以上であれば問題なしというのが一般的なイメージでしょうか。

 

腰痛の程度にもよりますが、通院していたり、リハビリをしたことがある方なら、ルーノマットレスの厚さでは頼りないでしょう。

 

厚みが出ると予算が高くなるので経済的な負担はかかりますが、長期間使えるので初期費用はケチらないでしっかりと投資した方がいいと思いますよ。

 

高反発マットレスを選ぶなら他の選択肢もアリ?

ルーノマットレスは口コミでの評価も高く、いいマットレスだとは思うのですが、正直少し物足りなさは感じますね。

厚さ4cmでは体型にもよりますが、身体の負担を軽減するという面ではあまり意味がないないような気がします。

 

ある程度の厚さがなければ快適な寝心地は手に入れることはできません。

ルーノマットレスには厚さ8cmのものもありますが、それなら他のブランドを選んだ方がいいと思いますよ。

 

ルーノマットレスの良さの一つに価格の安さがありますので、厚さが出て価格が高くなるのなら他のブランドの方が質は高くなりますね。

いろんなブランドがありますが、高反発マットレスなら以前紹介したエアリーマットレスはおすすめですよ。

 

口コミでの評価も高かったですし、比較する価値はあると思います。

以前書いた記事を参考にしてみてください。

 

【参考記事】
エアリープレミアムマットレスの口コミ評価ってどう?

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑