今田耕司の相方はホンコンだった?

公開日: 

今田耕司かつての相方はホンコン

今田耕司さんと言えば『ダウンタウンのごっつええ感じ』をきっかけに全国的に人気のお笑い芸人となり、今ではMCなどとしても活躍されています。

今でこそよくテレビに出ている人というイメージがある今田さんではありますが、ずっとピン芸人として活動していたわけではありません。

実はもともと130Rのホンコンさんが相方だったというのはあまり知られていないかもしれませんね。



今田耕司の相方はホンコンだった?

今田耕司さんは吉本のお笑い養成所NSCの4期生として入学しました。

もともとは寿司職人か美容師の専門学校の入学を検討していたそうなのですが学費が高かったことと肌が弱く水を扱う職業は向いていないと忠告されたために、当時学費の安かったNSCに入学したそうです。

 

4期生にはほんこん、板尾創路などがいたそうなのですが、今田さんはホンコンさんとコンビを組んだそうです。

コンビ名は「ダブルホルモンズ」といい、今田さんは「上ロース」という芸名でツッコミを、ほんこんさんは「骨付きカルビ」という
芸名でボケを担当していたそうですよ。

ダブルホルモンズは解散し、今田さんはピン芸人にホンコンさんは板尾さんとコンビを組むことになったのですが、ここでひとつ気になることがあります。

それは今田さんの相方は東野さんではなかったのかということですが、実は東野さんはNSCに通っていなかったのですよ。

東野さんは吉本興業の新人オーディションに合格し、芸人になったので、NSCでお笑いを勉強していたわけではないのです。今考えると異例ですね。

 

今田さんと東野さんがWコウジとして活動するようになったのは「ダウンタウンのごっつええ感じ」などで一緒に番組に出るようになったからなどと言われていますが、Wコウジというコンビ名は「ABCホリデーワイド」という番組でコントをしたときに勝手に付けられたと言われていますよ。

ちなみに、年齢は今田さんの方が東野さんよりも2歳年上で芸歴も今田さんの方が半年先輩となっていますよ。

 

まとめ

今田さんの元相方はホンコンさんで「ダブルホルモンズ」というコンビで活動していましたが解散後はピン芸人となり、今でもピン芸人として活動しています。

今田耕司と東野幸治でWコウジとして活動していましたが、2人ともピン芸人で正式なコンビではありませんよ。




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑