クリスタルキングの「大都会」は福岡のことだった!

公開日: 

クリスタルキングの大都会は福岡だった

クリスタルキングの「大都会」は誰しもが一度は聴いたことのある名曲と言えると思います。

歌詞を見て、大都会ということで東京やニューヨークなどをイメージされる方もいるかと思いますが、実は大都会とは福岡のことを指しているのですよ。

なぜクリスタルキングの「大都会」が福岡を指しているのでしょうか。




クリスタルキングの「大都会」は福岡だった

クリスタルキングの大都会が福岡を指しているのですが、これは作詞をされた田中昌之さんが話していたことからも本当のようです。

なぜ「大都会」が福岡だったのかというと、クリスタルキングのメンバーが育った佐世保市から観た福岡市(博多)のことを歌ったからだそうですよ。

 

クリスタルキングは長崎県佐世保市で結成されたのですが、当時の佐世保市は基地の街として知られていました。

1970年代前半はベトナム戦争の真っただ中でしたが、クリスタルキングは佐世保の米軍キャンプやクラブで米兵などを観客にライブを行っていたそうです。

 

そういった環境で腕を磨いた彼らは1975年に博多のディスコから好待遇で引き抜かれたそうなのですが、そこで待ち受けていたのは厳しい現実と葛藤だったそうです。

そんな中、苦しい思いを詞と曲にして誕生したのが「大都会」だったと言われています。

 

大都会の博多で感じた思いがこの歌に込められると知ると、出だしの力強いボーカルはより印象に変わりますね。

そんな思いを込めた歌だからこそ、人の心を動かし、ミリオンを突破するほどの代表曲になったのかもしれません。

 

今でも博多というのは九州で一番大きな都市と言えますが、この曲が世に広まった1970年代の博多も人が多く、大いににぎわっていた街だったそうです。

昭和の都会と言える博多は当時の九州の方にとっても大都会だったということですね。

 

>>クリスタルキングのアルバムベストコレクションの曲一覧はコチラ

まとめ

クリスタルキングの代表曲「大都会」は福岡(博多)のことをイメージして作った歌だと言われています。

都会に出て感じた思いや葛藤を歌にした魂の叫びが歌いだしの「あー」につながっているのかもしれませんね。

 

☆コチラの記事も読まれています。
千原ジュニアの元カノがミラクルひかるに似ている件



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑