カルパッチョを発明したのはカルパッチョさん?

公開日: 

カルパッチョ

イタリア料理として知られているカルパッチョは人気メニューとしてよく注文されていますよね。

そんなカルパッチョの人気の秘密にはこの料理の名前が関係しているような気もします。
どことなく可愛い感じがする印象がありまよね。

実はカルパッチョという名前には発明した人の名前が関係していると言われているのですよ。
どういうことなのか詳しくみてみましょう。




カルパッチョを発明したのはカルパッチョさん?

カルパッチョを発明したのはヴィットーレ・カルパッチョさんというイタリア人画家の方が好んで食べた料理だとされています。

薄切りの生牛肉にイタリアチーズのパルミジャーノ・レッジャーノをかけて食べていたそうなのですが、彼の名前をとってカルパッチョと呼ばれたのが起源と言われているのですね。

 

カルパッチョさんは独特の赤をベースにした作風だと言われていたのですが、お皿に並んだ薄切りの生牛肉の色彩を思い出させることがあったそうです。

これがカルパッチョを発明したのはカルパッチョさんと言われている理由なのですね。

 

カルパッチョはもともとベネチアの伝統料理だと前提されているのですが、広まったきっかけは近年になって創作されたことだとされているので、イタリアの創作料理とも言われているのですね。

いずれにせよ、カルパッチョさんがいたからカルパッチョが生まれたと言えそうです。

 

サンドウィッチはサンドウィッチ伯爵が由来であるというということと少し似ているかもしれませんね。

 

ちなみに、ここで紹介したカルパッチョは肉のカルパッチョでしたが、普段お店で食べるカルパッチョは魚を使用しているのが多いですよね。

主にサケやカツオ、マグロなどでしょうか。

 

お店で食べるカルパッチョが魚を使っているのは落合務さんというシェフが和洋折衷のアレンジ料理を作ったことがきっかけだと言われているのですよ。

魚を生で食べる刺身文化があった日本とカルパッチョ発祥のイタリアとのコラボ料理ということになるのでしょうね。

 

現在は魚のカルパッチョが世界でも食べられているので、お店で頼むときはメニューをよく確認して注文した方がいいかもしれません。

クックパットでは家庭で作れるレシピもたくさん紹介されていましたから、晩ご飯で作ってみるのもいいですね。


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑