ダイヤAact2の3巻を読んだ感想とネタバレ&ナンバーズの正体を考察!

公開日:  最終更新日:2016/05/22

ダイヤAact2の3巻

2016年5月17日に発売されたダイヤAact2の3巻を楽天ブックスで注文し、先程読み終えたので感想を書いていきます。

ネタバレも含んでいるので、まだ読んでいない方は購入してから読んでくださいね。

それにしてもダイヤのBとか限定版でDVD発売とか人気が高まっていますよね^^

ダイヤのA act2(3) [ 寺嶋裕二 ]
価格:463円(税込、送料無料)

 

ダイヤAact2の3巻の表紙や話について

ダイヤAact2の3巻の表紙はついに目を開けた春一になっていますね。
ちなみに3巻では春一はほとんど出てきませんよ。

 

なぜ春一だったのでしょうかね。笑

 

まぁダイヤAact2が始まって沢村、降谷と続きましたからね。
妥当な順番だとは思いますが。

 

ダイヤのAと言えば帯にプロ野球選手がコメントを残していますが、今回は北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手でしたね。

 

寮生活や先輩・後輩の空気感がリアル」とコメントしていますが、
こんな化け物みたいな後輩がいたら萎縮しちゃいますよね。

 

ちなみに、私は学生時代サッカー部でしたが、サッカーって野球ほど上下関係が厳しくなかったので、(試合中は普通に呼び捨てだったし)あんまりこの上下関係がわからないですね。。。

 

でも、イタリアのバロテッリより自分が年上だと知った時、もしあんな後輩がいたら嫌だなと感じた記憶はあります。笑

 

大谷選手は薬師高校の真田がお気に入りみたいですよ。

 

寺島裕二さんが帯の見開き?のところに毎回コメントを書いていますが、私も末っ子なのであの気持ちわかりますね。

 

もくじについてですが、3巻は第19話の『目指すべき場所』から第27話の『初陣』までとなっています。

 

ではネタバレ込みの感想を書いていきますね。



ダイヤAact2の3巻の感想(ネタバレあり)

まず、これはあるあるだと思うのですが、単行本で読んでいると前回どこで終わったのかわからなくなるという、、、読み返したら薬師VS稲実の試合からとなっていましたね。

 

この試合は意外とあっけなく決着がついた感じがしましたが、全体的には読みごたえがありましたね。

 

後輩に徐々にスポットライトが浴びてきたり、これまで戦ってきたライバル校同士の試合があったり、ダイヤのAの歴史を感じましたね。

 

後輩の特徴がわかってくると今後の話の展開も面白くなりそうですね。

 

ただ、いろんな人物が出過ぎて誰を中心に話が進んでいくのかがポイントになりそうですね。

 

ワンピースみたいに空島編とかエニエスロビー編とかならそこで物語が終わって次に進めますが、高校野球のようなスポーツがテーマだと終わらせどころが難しいですよね。

 

サッカー漫画の場合はほぼ100%世界大会編みたいになりますからね。笑

 

まぁ、それでも読んじゃうんですけどね^^

 

あと、帝東VS鵜久森はもう少し読みたかった気もしますが、これでよかった気もします。

 

それよりも最後の方で気になる言葉がありましたよね。

 

御幸と沢村の会話で出てきた「ナンバーズ」という言葉。

今後その正体が明らかになるでしょうし、マガジンの連載ではもしかたらもう明らかになっているかもしれませんね。

 

ですが、ここでは個人的な予想をしてみたいと思います。



ダイヤAact2で出てきたナンバーズの正体は?

ナンバーズは別に野球用語ではないですよね?

エリアの騎士ではホイップキックという言葉が出てきましたが、こちらはサッカー用語でした。
エリアの騎士に出てきたホイップキックとは?

 

でもナンバーズという野球用語は聞いたことがないので、たぶんオリジナルの用語だと思われます。

 

ナンバーズの正体ですが、御幸と沢村との会話ですし、投球のことだとは思います。

 

沢村の投球と言うことはムービングボールが関係しているのかなと。

 

ムービングの特徴はどこに曲がるかわからないものですが、もしそれを自在にコントロールできるようになっていたとするのなら、曲がる方向に番号をふっていて、それをナンバーズと呼んでいるのではないかと予想できますね。

 

ナンバーではなくナンバーズということは複数ということですから、七色のムービングと考えると合点するのかなと思います。

 

あくまでも予想で、実際はどのようなものか、ピッチングとは関係ないのかもしれませんが、まぁ正体がわかるまで気長に待ちましょう。

 

もしかしたら宝くじの話かもしれませんね。。。

そうだとしたら大穴ですね^^




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

PAGE TOP ↑